カーポートについて詳しく学ぼう

自宅にカーポートを設置してみたいけど、どのように設置したらいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。
このサイトではこのような方たちに向けて、施工の基礎知識や期間、費用などについて紹介していきます。
他にも初心者でもうまくできるDIYのコツや設置前に注意すべきポイントなども幅広く紹介しますので参考にしてみて下さい。
この記事を読んでしっかりと知識を深め、設置した後に後悔することがないようにしましょう。

土台が大事!カーポート施工の基礎知識

土台が大事!カーポート施工の基礎知識 カーポート施工の基礎知識として、まずカーポートがどのようにして支えられているかご存じでしょうか。
低価格帯の片流れタイプのカーポートの場合は、片側だけで支えることになり不安定になりやすいので、土台となる基礎工事のコンクリート工事が最も重要であるといわれています。
基礎工事であるコンクリート工事がきちんとされていないと、強風や積雪などによってカーポートが傾いてしまう恐れがあるので注意しましょう。
基礎工事がきちんとされていない状態とは、コンクリートが薄く軽い場合です。
薄くて軽いと傾く原因になってしまうので、コンクリートを充分に使用するのがポイントになります。
コンクリートを充分に使用すれば、重みでカーポートを支えることができます。

カーポートをDIYで施工するには知識が必要

カーポートをDIYで施工するには知識が必要 お庭造りはDIYの手が伸ばせる広いフィールドですが、車を雨や日光から守るカーポートの設置は庭の一部であっても素人では手が出しづらい領域です。
しかしただカーポートを設置するだけであれば、DIYで行なっても法律的に何も問題はありません。
専門家に依頼するよりもはるかに安価で済ませられます。
ただその分もちろんリスクは伴い、正しい知識を伴って施工しないと最悪の場合は土台から倒れて、車にまで被害が及びかねません。
そしてその際の責任は、組み立てた自分に全て返ってきます。
コスト削減でDIYしたのに、より高額な出費になる怖れもあります。
なので少しでも自分の技術や知識に不安がある人は、専門家に施工を依頼した方が良いでしょう。
またカーポートを設置する場所の中には、そのままではどうしようもないものがあります。
コンクリートが敷き詰められていたり、下水道が通っている場合など様々で、それぞれ異なる作業や専用の機械を使用するなどで対処する必要があります。
そして倒れないように柱周りをしっかりと固め、見た目をコンクリートで美しく仕上げなければなりません。
このように施工自体は非常に大変なものなので、そういった作業が趣味であるような人でないと完成までスムーズに行なうのは難しいです。

エクステリアのおすすめサイト

エクステリア

新着情報

◎2019/7/11

設置前の注意点
の情報を更新しました。

◎2019/5/10

カーポートのDIY施工
の情報を更新しました。

◎2019/2/28

サイト公開しました

「カー ポート」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Red0rBlack他9人 「ネジを買うついでにカーポートの見積もりしようと思うんだ」とwww それ、「ついで」が逆〜っ!wwww

カーポートついたー くそでけーww pic.twitter.com/zodk8hpp0s

わたしが買い物から帰って来たら、カーポートの下で中学生(?)3人がたむろしてたので、優しくニコ☺️ってしたら一目散に逃げて行きました。 ショックでした😭

やっとお向いさんの工事終わったと思ったら真後ろも工事とかwwwwwwww朝がうるせぇwwww酷い そして来週から実家はカーポート工事だし、耳栓して気休めで寝る日々

福井駅に到着うぃん! ホテルに荷物さん預けてレンタカーさんを借りに行ってテクノポートへごーうぃん! pic.twitter.com/I8sctYnKKa

カーポート塗装しようと養生したら雨降ってきたので中断! pic.twitter.com/KOw6zPKIC9

RT @kiji0621__: カーポートマルゼンのCMとヤマダ電機で流れてる曲が似てたので合わせてみた pic.twitter.com/J4Rs9DdOsG

雨降ったり止んだりはっきりしねぇな… カーポートの下でWRのカウルひん剥くか〜

雨の中 カーポートの下で洗車😅コーティング剤まで塗り込み オイルまで変えるか… pic.twitter.com/G7zkwh6FRz

今から寝ようって時に母が部屋にきてちょっと手伝って欲しいって言うから何かと思ったら、カーポートにバスタオルが落ちちゃったから掃除機で吸おうと思って。とか言い出して掃除機めちゃくちゃ担ぐ役した。結果吸えて無事救出した